PS4を高速化!キオクシア(KIOXIA) 内蔵2.5型SSDへ換装+余ったHDDを外付けストレージ化

今更ながらPS4を購入し楽しんでいます(PS4購入記事は下記URLを参照)。

【今こそ(今更?)買う!】PS4購入レポ - おすすめソフトも紹介
今更ですがPS4(Sony PlayStation 4)をゲット。まだまだ現役のこのハードで久々のゲーム三昧。過去作から今後リリースされる新作に今こそ!PS4。

ただ、ディスクメディアとHDDを使うので、ロード時間(データ読み込み)が気になります。せっかの山場でロードが長いとイライラすることも多々。

それなら…いっそのことSSDへ換装(交換)してみましょう!

作業はとても簡単で、ドライバーが一本あれば誰でもできます。

ちなみに今回換装するSSDはキオクシア(KIOXIA)の内蔵2.5型SSDです。


キオクシア(KIOXIA) 内蔵2.5型SSD PS4動作確認済み 480GB

表記のとおり、PS4動作確認済みとなっており、容量・価格も手頃でおすすめです。

以下に換装の手順を説明します。




まずはデータをバックアップ(ソフトウェア編)

SSDに交換する前に、まずは本体のデータをバックアップしましょう。

PS4内のすべてのデータをバックアップする場合は大容量の外付けHDDなどが必要です。もし面倒でなければ、セーブデータのみバックアップをし、容量をとるアプリケーションデータはそのつどインストールでOK。これならUSBメモリひとつでバックアップ可能です。

詳しいバックアップの方法、及びHDDの交換方法はSONYのサイトに書かれています。そちらを参照し事前に予備知識を。

PS4のHDDを交換する方法 日本
PS4のHDD(ハードディスクドライブ)を交換する方法をご説明します。
PS4システムソフトウェアアップデート
PS4の最新システムソフトウェアアップデートがご利用いただけます。

 

PS4の標準HDDを高速なSSDに交換(ハードウェア編)

キオクシア(KIOXIA) 内蔵2.5型SSD

今回選んだSSDは、キオクシア(KIOXIA) 内蔵2.5型SSD PS4動作確認済み 480GB EXCERIAです。容量480GBで、書き込み速度最大540MB/s・読み込み速度最大555MB/s。2.5インチ・7mm厚のサイズで、ノートパソコンやポータブルな外付けストレージとして使われるモデル。もちろんPS4にも使え(動作確認済み・メーカー推奨)、評判の良いSSDです。

公式サイトはこちら
キオクシア(KIOXIA) EXCERIA SATA SSD

開封します。SSD本体は丁寧にブリスターに包まれ、しっかりと梱包されていました。

SSD本体。他社製品はロゴのみだったりシンプルなものが多い中、キオクシアのSSDはこの凝ったデザイン。

交換用のSSDが用意できたので、取り付けるPS4側の準備を行います。

 


 

PS4の標準HDDを取り外す

SSDに換装するため、PS4に標準で取り付けられているHDDを取り外します。今回扱う本体はスリムタイプのPS4です(換装される方は、お持ちのPS4がどのタイプか確認してください行ってください)。

L字のスリットを外します。少し爪を引っ掛ければ簡単に外れます。画像のようにHDDからベルトが出ていますが、まだ引き出さないように。

側面に移り、サイドのHDD固定ネジを外します。これを外してからベルトを引っ張り取り出します。

ベルトを引っ張りゆっくりHDDを取り出します。

側面に4箇所ネジがありますので、取り外します。

HDDとそれを支えるディスクトレー。この時、HDDの端子とトレーのベルトの向き・表裏をよく覚えてをきましょう。

 


 

SSDへ換装

キオクシアのSSDを外したディスクトレーに取り付けます。端子の向きに注意。

SSDとデスクトレーそれぞれの側面の穴を合わせ、ネジを締めます。

 

SSDとディスクトレーのネジ締めができたら、PS4本体に戻しましょう。これでハード面での作業はおしまいです。

 


 

ストレージを確認

本体を起動し、換装したSSDが認識されているか確認します。

無事本体ストレージとして認識されています。画像ではすでにアプリをインストールしていますが、問題なく動作します。




余ったHDDを外付けのストレージとして再利用する

PS4標準のHDDをSSDに換装できました。

余った500GBもあるHDDを眠らせておくのはもったいないので、そのままPS4の外付けストレージとして再利用します。

外付けHDDケース

今回選んだ外付けHDDのケースはこちら。


Sabrent 2.5″ SATAからUSB 3.0ツールフリー外付けHDDドライブ・エンクロージャー

外付けケースとHDDを用意します。

内容物はケース本体とUSBケーブルのみ。余計なものがなくスッキリして換装に最適です。

ケースは全面にUSB端子と、ON/OFFスイッチ。

 


 

HDDを外付けケースに取り付け

ケース上面の蓋を開け、中の端子を確認します。

PS4からとりだしたHDDを用意し、端子の向きを確認します。

それぞれの端子を合わせたらグッと押し込み、HDDをケースに装着。蓋を被せればおわり。とても簡単です。

USBケーブルをケースに接続し、これで外付けHDD側の準備はすべてOK。

PS4のUSB端子に接続します。HDDケース自体の電源はPS4本体から供給されるので、スイッチをONにしておくだけで使用できます。これでハード面での作業はおしまいです。

SSDとディスクトレーのネジ締めができたら、PS4本体に戻しましょう。これでハード面での作業はおしまいです。

 


 

 

ストレージを確認

USB接続した外付けHDDのスイッチをONにし、PS4本体を起動させ、設定画面へ移動します。

HDDを拡張ストレージ(外付けHDD)としてフォーマットします。

今後新しいアプリをインストールする際は、こちらのHDDにされます。もちろん設定で本体のSSDにすることも可能です。

これにて内蔵SSDへの換装と外付けHDDの取り付けが完了しました。10本以上のアプリをインストールしましたが、まだまだ容量に空きがあります。




高速化したPS4で快適なゲーム環境が整った

ひととおりのSSD換装がおわりました。さっそくゲームをプレイしてみます。

速い!

まず起動時間が3割ほどは速くなったのが体感できます。ゲームアプリのロード時間はさらに速く、ストレスになりません。

よくプレイするSEKIROやドラクエ11Sでは、ステージ移動やムービーシーンへの移行が短時間ですみ、とても快適になりました。

【ゲーム・オブ・ザ・イヤー受賞】SEKIRO GOTY EDITION 特装版
海外ゲーム・オブ・ザ・イヤー総ナメの話題作、PS4の「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE GAME OF THE YEAR EDITION」を紹介します。SEKIROから逃げずにクリアできるか?特装版のパッケージがカッコいいのでオススメです。

さらにオンライン対戦ゲーム、FortniteやApex LegendsでもSSD高速化の効果を十分に味わえます。

本体ストレージだけで使用していたときは、つねに容量を気にしてインストールとアンインストールを繰り返しましたが、これで面倒な作業とはおさらば。快適になりました。

PS4を購入したままの状態で使い、まだSSDに換装していない方。交換作業はこのとおり簡単です。ぜひお試しください。

 


キオクシア(KIOXIA) 内蔵2.5型SSD PS4動作確認済み 480GB

 

 


Sabrent 2.5″ SATAからUSB 3.0ツールフリー外付けHDDドライブ・エンクロージャー

 

 


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2200AB01)