【新世代のMac到来!】Mac mini (Apple M1チップ2020) レビュー

仕事でもプライベートでも、現在愛用するパソコンはAppleのMacです。OSやアプリの使い勝手はもちろん、やはりiPhoneとの連携でその価値は何倍にも膨れ上がります。

昨年、AppleがMacのラインナップを一新する発表があり、新機種がいくつか発売されました。注目はやはりApple独自開発の「M1チップ」を積んだMacシリーズです。

その中で最も低価格のデスクトップ機「Mac mini(Apple M1 Chip 2020)」を購入したので紹介します。

2020 Apple Mac mini Apple M1 Chip (8GB RAM, 256GB SSD)




 

美麗なパッケージとそれを守る丁寧な梱包

今回はAmazonにて購入。他にもいくつかの注文品と混載されてきましたが、この画像のとおりMac miniは別のダンボールにしっかりと梱包され届きました。

Apple製品を購入するといつも沸き起こる、開けるのがもったいくてそのまま飾っておきたい衝動。本体画像はこれでもかと大きく見せますが、「Mac mini」のロゴは細く薄くシンプルで対称的。本当に綺麗なパッケージです。

パッケージにぴったりと収まったMac mini本体。

電源コードの収納の仕方ひとつとっても無駄のないデザイン。

業界を、さらにはその地域を代表する企業としての自信のあらわれであるこの文言。

取扱説明書など。もちろんApple製品には付きもののステッカーも同封。

たかが電源コードですが、あまりに綺麗に包装されているので取り出すのがもったいなく感じるほど。

2020 Apple Mac mini Apple M1 Chip (8GB RAM, 256GB SSD)

 

 

シンプルで飽きのこない洗練されたデザイン

Mac mini本体の上面です。うすいシルバーの筐体におなじみのAppleマーク。

背面。丸く黒い部分がアクセスパネルです。ここから外して中の基盤やストレージにアクセスできます。

今回のMac miniでは以前と違い、オンボードなのでメモリ増設等はできません。購入の際は8GBか16GBよく検討して選ぶことをお勧めします。個人的には8GBで今のところ問題なく使えます。

正面から。撮った写真を見返しておもうのが、このアルミでできたボディに光が反射するのがとても美しい。Apple製品のデザインは本当に見ていて飽きがこない良いもの。

 

小さいのに多芸、豊富な接続端子類

背面パネル。一番左に電源ボタンを配置。接続端子類は左よりACコネクター、Ethernet、Thunderbolt(USB-C)x2、 HDMI、USB3.1×2とイヤホンジャック。

手持ちのApple Magic MouseとApple Magic Keyboardを並べてみました。どれもシンプルで小型な製品なので、机の上においても省スペースで場所を取りません。もちろんこれらがコードレスなBluetoothで簡単に接続できます。

Apple Magic Mouse

Apple Magic Keyboard

 

 

テストとして、USB-Cケーブル接続でディスプレイにつないでみました。問題なく映像が映し出されます。この後、別のディスプレイ加えデュアルディスプレイにして快適に使用しています。

前評判どおりDockのアニメーションがとてもスムーズです。どのアプリでも立ち上げの際ほとんどバウンドしません(これまでのマシンではボンボンボンボン…と何度もバウンドし、立ち上がるまでにしばらく待たされました)。

 

M1ネイティブな新しいMac Os – Big Sur

初期状態でインストールされていたOSは「Big Sur」。これまでのIntelチップのMacと違い、自社製の「Apple M1」の表記が新鮮。この新OSがM1チップと相まってMac miniの高性能を実現します。

 

基本的なハードのスペック以下のとおりです。

 

M1チップのパワー、恐るべし

個人的にも愛用してきたMacbook Airが5年以上になり、そろそろ買い替えかと考えていました。よく使うAdobe Photoshopなどの頻繁に使うアプリも進化して、古いハードでは作業が捗らいない状況に結構なやまされまして。

このMac miniに搭載されたCPUは、Appleが自社開発した「M1チップ」。これまでのIntelチップとくらべ、Mac OS上ではより高性能を実現。各種のベンチマークテストにおいても、これまでのMacはもちろんWindows機とくらべても高い数値を記録します。開発したAppleの社員でさえ、その実力に驚くほどだとか。

手持ちのアプリでいろいろ試してみましたが、やはり高速化しています。M1チップにネイティブ対応しているものはもちろん、そうでないアプリでも快適に感じました。今後もアプリのM1チップネイティブ対応は進み、Intelチップに比べてのデメリットはなくなるでしょう。

低価格で高性能なパソコンを求める方にぜひお勧めしたいマシンです。

2020 Apple Mac mini Apple M1 Chip (8GB RAM, 256GB SSD)

 

こちらの記事もオススメです。

今こそ!(今更?)PS4購入レポ - おすすめソフトあり
今更ですがPS4(Sony PlayStation 4)をゲット。まだまだ現役のこのハードで久々のゲーム三昧。過去作から今後リリースされる新作に今こそ!PS4。
【ゲーム・オブ・ザ・イヤー受賞】SEKIRO GOTY EDITION 特装版
海外ゲーム・オブ・ザ・イヤー総ナメの話題作、PS4の「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE GAME OF THE YEAR EDITION」を紹介します。SEKIROから逃げずにクリアできるか?特装版のパッケージがカッコいいのでオススメです。