【難しい…けど面白い】METROID DREAD(メトロイド ドレッド)・シリーズ最新作をプレイ!!

今回紹介するゲームは、一時は開発中止とされながらとつぜんのリリース発表から早5ヶ月、大人気シリーズの最新作、METROID DREAD(メトロイド ドレッド)

任天堂の代表作、メトロイドの第5作目として堂々とリリースされたこの世界的な大人気シリーズの新作プレイの感想をお伝えします。

メトロイド ドレッド -Switch

 

メトロイドとは

METROID(メトロイド)は任天堂が制作するアクション・ゲームシリーズ。記念すべき第一作は1986にファミコンのディスクシステムにて発売されました。

このゲームはバウンティーハンターの主人公サムス・アランになり未知のエリアを探索し、武器やスキルを強化しながらボスを倒し、ダンジョンを攻略する2Dタイプのアクション。

日本ではもちろん、とくに海外で高い評価を得た作品で、近年ブームになったメトロイドヴァニアとして人気を誇るジャンルの元祖です。

初代メトロイド(ファミコン・ディスクシステム)

これが記念すべきメトロイドのデビュー作。今から35年も前の作品ですが、未だにその面白さは褪せません。

この第1作から、スーパーファミコンの名作・スーパーメトロイドなどを経て、今回2021年にNintendo Switchにて発売されたのが今作、METROID DREAD(メトロイド・ドレッド)

ちなみに、ゲームキューブにて発売されたFPS仕様のメトロイドプライムは4作目が開発中で、こちらも期待大。




メトロイドの面白さ

メトロイドシリーズがなぜこれほど面白く人気のゲームなのか。それはキャラクター(サムス)とプレイヤー(わたし)が「ひとつになる」からでしょう。

プレイヤーがフィールドを探索していると、「どうしてもあそこに行きたいのに行けない」、こういう場所につきあたります。別の道はないかとさまよっていると、突然ボスとの戦闘に。なんどもコンティニューしてやっと強敵を倒すと、新しいスキルや武器が手に入り、それをつかって行きたかった場所へ行けるようになる。

難所をいくつも乗り越えることで、プレーヤーはゲームが上達し、それに応じてゲーム内のキャラクターも成長していく。まるでサムスと自分がひとつになったかのように感じる。これがメトロイドシリーズの面白さです。

メトロイド ドレッドのパッケージ

さて今回のメトロイド ドレッドの紹介に入ります。まずはパッケージ。

表面のサムスの勇姿。その後ろに居並ぶ光る眼のキャラは何者?!

ケースのインナーには、ワイヤーフレームなサムスが。

シンプルにロゴのみのゲームカートリッジ。

メトロイド ドレッド -Switch

 

メトロイド ドレッドをプレイ

メトロイドドレッド

タイトル画面。ダークなバックにMETROIDのロゴ、とりわけDREADの文字の不気味な感じが◎。タイトル画面の段階ですでに、そのエレクトリックで重厚なBGMによりゲームの世界に引き込まれます。

メトロイドドレッド

本作でのサムスの目的は、異変のおきた惑星ZDRを調査すること。

ここに画像を挿入

メトロイドドレッド

スターシップ(愛機)に乗り、謎の惑星ZDRへ向かうサムス。




 

メトロイドドレッド

アクションは、横移動からジャンプやアームキャノンでのビーム攻撃、そして3DSでの前作「メトロイド サムスリターンズ」より採用されたアクション・メレーカウンター(カウンター攻撃)など。

これらのアクションを駆使し、ダンジョンを探索。後にシリーズおなじみのモーフボール(狭い通路にはいるため体をボール状にする)もちゃんと登場します。

メトロイドドレッド

ダンジョンを進み、敵を倒し、さらに奥へ。スタート序盤のチュートリアル的なプレイで、サムスの操作をじょじょに覚えていきます。

今作をスタートし、さっそく感心したのが操作感。コントローラーの入力に合わせ、画面のサムスはとても機敏に動きます。操作していて全くストレスがなく、むしろコントロールするのが心地よいほど。

メトロイドドレッド

十字ボタンで開くマップにより、いつでも現在位置を確認可能。

 

メトロイドドレッド

今作の要注意キャラ、E.M.M.I(エミー).。サムス同様、惑星調査が本来の目的であったはずが、なぜかサムスの命を狙うエネミーに。特殊なセンサーでサムスどこまでも追い込んできます。

メトロイドドレッド

逃げるサムス、追うE.M.M.I.。一見、ダンジョン探索のアクションゲームかとおもいきや、このエミーの登場により、ゲームはスリリングな全く違うタイプに変化します。

メトロイドドレッド

どこまでも追いかけてくるE.M.M.I.。

メトロイドドレッド

残念、捕まってしまいました(ゲームオーバー)。

もちろん敵はこのエミーだけではありません。シリーズでおなじみのボスもちゃんと登場します。あのおなじみのボスキャラが新たに綺麗なグラフィックで臨場感たっぷりにサムスに襲いかかってきますよ。

今回、ゲームプレイは任天堂純正品のNintendo Switch Proコントローラーにておこないました。JoyConよりもさらに快適にメトロイド ドレッドをプレイできます。

Nintendo Switch Proコントローラー

 




硬派な2Dアクションの新しいかたち

序盤をプレイしてみました。少々難易度は高めですが、文句のつけようがない大傑作です。

とにかく操作感がすばらしい。画面の中で、まるで忍者のように俊敏に動くサムスを、自分がコントローラーで操っているのが信じられないくらい。アイテムやスキルを得て覚える多彩なアクションも、探索を続けるうちに自然と慣れます。

グラフィックはもちろん、BGM・サウンドも抜群。ゲームを進めていると、まるでSFの世界を自ら探検してる錯覚さえおこすほど。

要所要所のイベントも、ムービーシーンを挟み臨場感たっぷりにストーリーを楽しませてくれます。

今作のテーマの一つが「恐怖」で、なるほどE.M.M.I.に追いかけられるたびにそれをひしひしと感じました。過去作のメトロイドでも、時間内に逃げるイベントなどがありましたが、今作は実際に敵に追われる臨場感は比べようがないほどスゴイ。

海外での反応も良好で、ゲームサイトにて高メタスコア獲得、売上もメトロイドプライムよりも売れたようです。

アクションに自信のある方はもちろん、そうでない方でも充分楽しめるゲーム、METROID DREAD(メトロイド ドレッド)をぜひプレイしてください。

 

 

 

 

 

メトロイド ドレッド -Switch

 

追記:メトロイド ドレッド追加ダウンロードコンテンツ(DLC)配信開始!

20220210日に放送された任天堂の新作紹介番組「Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)」にて、メトロイド ドレッドの追加ダウンロードコンテンツ(DLC)の配信が開始されました。

今回の配信では2つのモードが実装。ひとつが、一撃で死ぬ「ドレッドモード」。ボスの攻撃はもちろん、小さなキャラクターに触れただけでも即死になるハードなプレイが可能です。

METROID DREAD(メトロイド ドレッド)

もうひとつの追加コンテンツが「ルーキーモード」。こちらは、アイテムでの回復量が上がり、アクションが苦手なひとでもゲームが進めやすい、初心者向けのモードになります。

METROID DREAD(メトロイド ドレッド)

さらに今後の追加ダウンロードコンテンツでは、ボスバトルだけを連続で遊ぶ「ボスラッシュモード」も配信を予定。

まだまだMETROID DREAD(メトロイド ドレッド)から目が離せません!

 

こちらの記事もどうぞ

【オープンワールドRPGの究極】フロムソフトウェアのELDEN RING(エルデンリング) をレビュー(PS4版)
期待の超大作「エルデンリング」ついに発売。ダークソウルやSEKIRO(フロムソフトウェア)を超える究極のRPGとなるか。
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をレビュー
任天堂のビッグタイトル「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」。数々のゲーム賞に輝きシリーズ最高傑作の声も多いこのゲームをレビューします。
【今こそ(今更?)プレイ】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)をレビュー。2021- おすすめソフトも紹介!
Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)をようやくゲットしたので今更ながらレビュー。スイッチは今でも十分遊べるゲームマシンです。おすすめゲームソフトも紹介しています。