【甘くないのがクセになる】SKIPPYスキッピーのピーナッツバター

朝食をきちんと取ることは、一日の大事なスタートです。忙しく時間がないので簡単なトーストとコーヒーでササッと済ませる方も多いとおもいます。

悩むのがそのトースト、パンの食べ方。ジャムやバターなど定番はすぐに飽きてしまい、なかなかパ良いものがない。

そこでおすすめするのがピーナッツバター。しかもそれほど甘くない、ヘビーでアメリカンなやつ!

今回紹介するのは超有名なSKIPPYのピーナッツバターです。

 


スキッピー ピーナッツバターチャンク 340g




SKIPPYピーナッツバター

SKIPPYピーナッツバターは海外では有名なピーナッツバター(クリーム)。子供から大人まで、このパッケージを見れば誰もが一度は口にしたあの味とおもうはず。

数年前、カナダで価格競争の激化から販売終了が決まると、納得のいかないファンがTwitterで大炎上を起こしたほどの人気商品です。

そんなSKIPPYピーナッツバターですが、ここ日本でもカルディなどの輸入食品店や、ネットショップなどで手に入ります。

 

フタを回転して開けると、内側にフィルムがついています。

フィルムがなかなかきれいに剥がせないので、開けるときは気をつけて(フィルムの断片が中に入らないように注意)。




濃厚なピーナッツバター

画像でも伝わるでしょうか、この濃厚さ。ところどころに混ざる小粒のピーナッツがアクセント。

食べ方はやっぱりシンプルにパンに塗るのがベターでしょうか。そこでいろいろ用意してみました。

まずはイングリッシュマフィンに合わせてみました。たっぷり塗ってからサンドして食べます。おやつ感覚で2,3個一気に食べてしまくらい美味しい。

フランスパンにも合わせました。ただ、これはパンが硬すぎて、噛み切るのに結構苦労します。正直あまりオススメできません…

定番の食パン。やっぱりこれが一番オススメです。

 

 

 

ちょっと贅沢に、ボリュームたっぷりにしてみました(朝からこれはやりすぎ)。

ちなみに、コーヒー(ブラック)とこのSKIPPYピーナッツバターはよく合います。

 


 

甘くない大人向けのピーナッツバター

国内メーカーのピーナッツバターもたくさんあります。パンに塗りやすいようにサラサラした感じで、すっきりした甘さのものが多いでしょう。

それに比べこのSKIPPYピーナッツバターは真逆といっていいほど、こってりとへービーな食感で、その見た目ほどは甘くない。ピーナッツバターを付けるとお菓子に近い感じがしますが、このSKIPPYピーナッツバターは食事そのもの。これを塗ったパンとバナナ一本でもあれば十分な朝食・軽食になります。

食べざかりの子供なら2枚・3枚もペロッと食べてしまいそう。いや、大人でもこの味と食感でペロッと。

パン食の方に是非おすすめのSKIPPYピーナッツバターの紹介でした。

 


スキッピー ピーナッツバターチャンク 340g